4期目の活動開始!

 長崎県議会議員選挙は平成27年4月12日投票の結果、皆様のご支援を受けて見事第1位で4期目の当選を果たすことができました。ここに改めて感謝申し上げます。改選後の会派は民主党議員5名、社民党議員2名の7名で「改革21」を結成し、その会派代表に私が就任し4期目の活動を開始しました。

  また、平成24年7月から就任していた県議会議長は4月29日をもって退任しました。約2年9ヶ月間、貴重な体験をさせて頂き、この経験を生かし今後の県政の活性化に向けて全力で取り組んでいきます。

 長崎県は現在、人口減少、県民所得の向上、景気雇用対策など多くの課題を抱えていますが、世界遺産など長崎県独特の歴史と文化を大切にし、海の囲まれた水産資源、肥沃な農業資源を生かし、かつての出島が西洋文化の窓口として栄えたように、アジアの窓口として将来を見越した政策を打ち出して長崎を活性化していかねばなりません。

  今後とも県民の皆様の声を大切にし、県政の改革を止めることなく、県勢の浮揚に向けて全力で頑張っていきますので、今後とものご支援をよろしくお願いいたします。

 

平成27年5月 長崎県議会 わたなべ敏勝

定例議会におけるわたなべ敏勝の一般質問はコチラからご覧いただけます

近況報告※写真をクリックすると拡大表示されます

新幹線まちづくり 新幹線まちづくり2

12月3日 新幹線まちづくりシンポジウム

 「フル規格で西九州の未来を語ろう!」をテーマに、佐賀県嬉野市で開催された「新幹線まちづくりシンポジウム」に長崎県議会新幹線建設促進議員連盟の副会長として参加してきました。

 主催は嬉野市、武雄市、長崎市、諌早市、大村市の新幹線を活かしたまちづくり協議会で嬉野市長が主催者を代表して歓迎のあいさつを行い、佐賀、長崎選出の国会議員から祝辞を受けました。基調講演はJTB総合研究所の中根 裕氏から「高速交通網と地域の観光」を主要課題に、新幹線が導入された都市の事例をあげ、具体的に活性化された街の紹介がありました。

 第2部は「新幹線を生かした魅力ある街づくり」をテーマにパネルディスカッションが行われ、各市の商工会議所代表、西九州ルートで肥前の殖産を実現する会、各市の市長から新幹線に期待する発表がありました。

 

 5年後の平成34年には、武雄温泉駅で新幹線から在来線に乗り換える「暫定・対面乗換方式」が導入されますが、この集会では乗り換えなしで関西方面に行ける全線フル規格化に向けた取り組みを更に強化することを確認しました。


JETRO ベトナム視察

11月16~19日 ベトナム・ハノイ市視察

 私が所属している会派、改革21として、経済発展を続けているベトナムのハノイ市にある「JETRO」日本貿易振興機構ハノイ事務所、「JNTO」日本国際観光ベトナム事務所、「イオンモール・ベトナム」を訪問し、現状調査を行ってきました。

 17日に訪問した「JETRO」日本貿易振興機構ハノイ事務所長の北川所長は長崎県の北松浦郡の出身で、昔話も含め日本企業のベトナム進出についてきめ細かい報告があり大いに参考になりました。「JNTO」日本国際観光ベトナム事務所の高橋氏からは、この観光振興のため事務所が今年の3月に開所したことや、長崎との観光振興のためには直行便の必要性が強調されました。

 18日にはイオンモールの片岡氏、イオンベトナムの石川氏と長崎県の商品販売について意見交換を行いましたが、ベトナムの賃金がまだ低いため、県産品の販売についてはかなり難しい実態が報告されました。

 

 発展途上国のベトナムのバイクの多さにびっくりすると共に、日本の30~40年前を感じさせる視察となりました。


わたなべとしかつだより11月号

11月11日 長崎県民総スポーツ祭総合開会式

 長崎県は11月を県民スポーツ月間と位置づけ、子供からお年寄りまでスポーツを楽しめる「ながさき県民総スポーツ祭」を県下各地で開催し、その総合開会式に参加してきました。開会式では長崎商業高校の吹奏楽部の演奏で開始。各市町の体育協会プラカードを先頭に入場行進があり、大会会長挨拶、来賓挨拶、歓迎挨拶の後、選手宣誓がありました。

 総スポーツ祭は11日と12日の両日、(1)第68回長崎県民体育大会が8市3町67会場で41競技と、(2)県民スポーツ・レクレーション祭2017おおむらが、大村市ほか5市22種目が行われるもので、広く県民の各層にスポーツに親しめる機会を提供しています。

 

 スポーツの秋です。みんなでスポーツを楽しみましょう。このスポーツ祭に携わった関係各位に感謝いたします。


長崎県私学振興大会

11月2日 長崎県私学振興大会

長崎県の子供たちの明るい未来のために!をテーマに私学振興大会が長崎ブリックホールで開催され、私も参加してきました。この振興大会は、公立学校と私学の学校との格差是正を求めて毎年開催されており、今年も会場いっぱいの参加者で盛会に開かれました。

 主催者挨拶の後、来賓挨拶として中村法道県知事、八江県議会議長があいさつし、大会決議として

(1)教育費の公・私間格差の是正と保護者負担の軽減
(2)経常費助成費補助金の拡充と私立学校振興策の充実
(3)子ども・子育て支援制度運用に伴う市町間の調整
(4)保育者の処遇改善の推進、
の4項目を全員の拍手で確認すると共に、決議文を中村知事に渡して要望を行いました。

 

 今後もこの中身の実現に向けて取り組んでいかねばと思いました。


わたなべとしかつだより11月号

11月1日 わたなべ敏勝だより11月号を発行しました

 わたなべ敏勝だより11月号(No59)を発行しました。

主な内容としましては、9月定例議会で決定した補正予算を中心に、可決した議案などを掲載しております。詳細につきましては

 

>>「わたなべ敏勝だより11月号」

 

からご覧ください。

 

 表紙の写真は今年でお別れする長崎県庁と県議会です。新庁舎に移設されるこの65年のプレートの重みを肝に銘じ、これからも県議会の活動にまい進します。


森林・林業・林産業活性化九州大会

10月26日 森林・林業・林産業活性化九州大会

 長崎県議会議員でつくっている「森林林業活性化議員連盟」は2年に1回開かれる九州大会が大分県で開催され、私も議連の副会長として参加してきました。

 朝8時に県庁を出発し、12時30分から開かれた会場のオープニングとして、大分県立高等学校の書道部のパフォーマンスが披露されました。基調講演として日本経済研究所の鍋山専務から「林業復活と地域創生」について講演があり、その後林野庁の猪島課長から「九州北部豪雨を踏まえた今後の治山対策について」の報告がありました。

 最後に大分県佐伯森林組合の井原専務から「佐伯型循環林業の取り組みについて」事例発表があり、大会決議を採択して大分を後にしました。

 

 森林・林業の果たす役割は大きなものがあります。長崎県の森林・林業の活性化に参考になった九州大会となりました。


<<過去の近況報告